アルミ板金加工について | コラム | 大型ステンレス板金・精密板金加工・フレーム加工・各種溶接なら、京都の竹村製作所

コラム COLUMN

一覧へ戻る

COLUMN.01

アルミ板金加工について

アルミ板金加工

非常に繊細なアルミの板金加工

アルミにおける板金加工はステンレスや鉄の板金加工に比べ、非常に繊細です。アルミでの板金加工を行う製品としては、軽量化が必要な部品や製品が多く、例えば列車の部品に使われていたり、飛行機の部品に使われていたりすることが多いのですが、理由は全て軽量化のため、という事になります。

アルミの特長としては、曲げに弱いという特性があります。アルミには繊維があり、その繊維に沿って加工しないとうまく加工が出来ず、繊維を間違うとすぐに割れてしまいます。それだけ繊細な素材なので、細心の注意が必要です。

試作品に適したアルミ板金加工

アルミは板厚が厚いほど割れやすいのが特性の一つです。先ほど軽量化を目的とした製品が多いというお話をしましたが、その他にも、アルミの板金加工で作る製品は沢山存在します。例えば、何かのカバーとして部品を作る場合もあれば、試作品の容器に使う蓋などはアルミの板金加工で作ることがほとんどです。本来であれば、樹脂で作る方が良い、という考えもあるのですが、樹脂で蓋のような形状のものを作ろうとすると、まずはその形を成型するための金型を作る必要があります。

量産する場合、金型を大量に作り、そこに樹脂を流し込んで作ることが出来るので、本来は樹脂製の蓋の方が良いのですが、それが試作の場合はどうでしょうか。とてもではありませんが、金型を作るとコストがかかりすぎて、試作とは言えなくなってしまいます。そんな場合にはアルミ板金加工で仕上げるのが適している、という事になります。

職人からの技術継承

また、板金加工と言えば、レーザーで切るところから、パンチプレスでの抜き工程、ブレーキ加工に溶接加工と、すべての工程を行いますが、やはり難しいのは熱を加える溶接やブレーキ加工の組み合わせでねじれなどを出さずに精度を出す技術です。素材を曲げるブレーキ加工はそんなに大きな誤差は出ませんが、溶接を行うと必ず歪が発生してしまいます。まっすぐに仕上げたくてもそうならないのが、熱を加える溶接作業です。

ですから、溶接の職人は、素材素材に合わせて加工時には負荷をかけて溶接するなど、完成する形を想像しながら板金加工を進めます。その結果、お客様からご要望いただいたとおりの部品・製品を作ることが出来るのです。職人は長年様々な板金加工の経験を積んで、高い技術を持っていますので、竹村製作所では、そう言った技術の継承も行っています。ですからアルミの板金加工でも若いスタッフが自信を持って行っています。アルミの板金加工のことであれば、竹村製作所にお任せください。

COLUMN コラム一覧