大型板金加工について | コラム | 大型ステンレス板金・精密板金加工・フレーム加工・各種溶接なら、京都の竹村製作所

コラム COLUMN

一覧へ戻る

COLUMN.08

大型板金加工について

大型板金加工

大型板金加工について

大型板金加工とは、文字通り、様々な素材を使い、大きな板から加工して、大型設備や大型機械を作り上げることを指しています。

弊社でもチャンバーやタンクなど、様々な素材を使い、組み上げ、お客様のご要望どおりに仕上げています。

大型板金加工の需要

わかりやすく、現在の大型板金加工の需要も交えながらご説明をさせていただきたいと思います。大型板金加工の需要について、特に今需要が多いのはテレビ等が挙げられます。現在の板金加工はどんどん小型化しています。それは時計であったり携帯電話であったりと、身に着けるものの性能は良くなり、製品は小さくなる傾向があるからです。

そんな中で、テレビは逆に大きく、軽く、薄くなっており、また、性能もよくなっているという背景があります。現在のテレビは液晶や有機ELなどで作られることが多く、その中にはガラス基板が使われています。大型テレビであるために、そのガラス基板は大きいサイズのものから作ったほうが歩留まりも良く、生産効率も良く、コストダウンにも繋がっていきます。これがテレビを作るための業界の流れになっています。

広いスペースを確保することが必要不可欠

大型テレビを作り上げるために、大型のガラス基板を、焼き付けたり、洗浄したり、電子回路を移植したりする必要があります。そのような作業を進めるには、当然大きなガラス基板を処理できる程の、大きな装置が必要になります。その装置は、大きなフレーム架台であったり、その上に乗るタンクであったり、チャンバーであったり、真空炉などになります。

メーカーの方々はこれらの部品を使い、組み合わせて設計をされます。それらの装置を作り上げるための部品は当然大型になりますので、大型の板金加工が必要になってくる訳です。しかし、狭い工場では、大型の板金加工はもちろん、装置の組み上げなども到底できません。このような装置を製作するには、大型の部品を板金処理が出来る広いスペースを持った企業でなければいけない、ということになるのです。

弊社が最も得意とする加工処理の一つ、大型板金加工

竹村製作所では、お客様のご要望される大型の機材を作り上げるだけの十分なスペースがありますので、多くのお客様からのご要望を受け、大型板金加工で仕上げた様々な装置部品を製作し、納めさせていただいているのが現状です。

この加工は弊社にとっては最も得意な加工処理の一つであり、自信を持って様々な部品を製作させていただいております。大型板金加工の製品や部品が必要な際は、是非竹村製作所へご連絡ください。

COLUMN コラム一覧